貝には海の毒が含まれていることがある?!だから貝を食べるのは危険かも?! 貝毒の知識を身につけてみてはいかが?!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

貝毒
皆さんは潮干狩りに出かけることはあるでしょうか?

貝が好きな人は、潮干狩りに出かけることもあると思いますが、潮干狩りの貝には危険性があるのです。

貝毒という言葉を聞いたことがありますか?

貝は自身で毒を作る力はもっていませんが、貝が食べるプランクトンには毒を含んでいるモノがあります。

貝は毒を含んでいるプラクトンと食べることにより、体内に毒を蓄積し毒性を持つことがあり、これらの毒を貝毒というのです。

スポンサーリンク

○すべての貝が危険なのか?!

貝毒が蓄積しやすいのは、二枚貝で巻貝などは基本的には貝毒を持つことはありません。

また、貝毒はプラクトンが原因であるためプラクトンに毒性がない場合は、どんなに貝がプラクトンを食べたとしても毒性を持つことはなく、安全であることがわかっています。

毒性のあるプラクトンが発生するのは、一般的に夏時期でこの時期の貝類は毒性が強いことが知られており、大量に食べると中毒症状が出ることもあるのです。

だから、特に海水浴シーズンの2枚貝を取って食べたりすると貝毒になる危険性が高いのです。

しかし、毒性のあるプラクトンが少なくなると貝は毒を排出し始めるので、常に貝が毒をもって生活をしているわけではありません。

そして、貝毒は人間にとっては毒ですが、貝にとっては毒ではありませんので、どんなに貝が毒性のあるプラクトンを食べても貝が死ぬことはなく毒性が強くなるだけです。

さらに毒性も持っても貝の食味もかわりませんので、どの貝が危険かを見た目で判別することはできません。

市販されている二枚貝は検査されているので、かなり大量に食べない限り貝毒になることはありません。

○貝毒の何が恐ろしいのか?

食中毒といえば、加熱しないからおきると思っている人が多くいます。

しかし、貝毒に関しては、加熱の有無は関係ありません。

貝毒は熱によって分解されない性質をもっており、加熱をしてもほぼ毒性が抜けません。

そのため、加熱をして安全だとおもって食べると食中毒になる危険性があります。

また、先ほどもいいましたが、毒が入っていても味が全く変わらないので毒が入っていることに気づかず食べることが多く、症状が出てから食中毒に気づきます。

さらに毒の量が多いと最悪の場合は、死に至ることもあるのです。

○貝毒の症状は?

日本での貝毒の症状は、下痢性と麻痺性の二つが主な症状といわれています。

下痢性貝毒の場合は、食後30分~数時間の経過後に腹痛や激しい下痢、嘔吐などの症状を出ることになります。

症状は3日以内に回復するといわれており、辛い症状ではありますが、死ぬことはないでしょう。

しかし、脱水症状がでる危険性がありますので注意しましょう。

麻痺性貝毒は、食べて30分程度すると舌や手などしびれの症状が出てきます。

摂取量が少ない場合は体のしびれが出て治まることもありますが、大量に摂取した場合は頭痛や嘔吐、呂律が回らないなどの症状がでて、最悪の場合は呼吸ができなくなり死に至ります。

麻痺性貝毒には、治療薬はなく、症状がでた場合は対症療法を行い毒が抜けるまで待つしかありません。

死ぬ危険性がある呼吸障害がおきても人工呼吸器をつけることによって、助けることは可能で、毒が抜ければ後遺症の可能性もありません。

貝を食べた時にこれらの症状がでた時は、すぐに病院に行くようにしましょう。

特に麻痺症状が起きた時は危険性が高いです。

○貝毒にならないためには?

貝は市販されているものが検査されて安全性が高いので、貝を食べる時は、できればスーパーや魚屋などで購入するようにしましょう。

また、潮干狩りを行う場合は、有料で開いているところが安全であるとされています。

高いような気がしますが、潮干狩りは有料で行っているところがおすすめです。

また、有料は嫌いで自分の家の近くで貝を取りたい人は、規制対象になっていないか一度ネットで調べてから貝を取りに行くようにしましょう。

さらに、一度にあまり多くの貝を食べすぎないようにすることも貝毒の予防になります。

二枚貝は毒性を持っている可能性がありますので、自分で取って食べる際は十分に注意しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク