ピザは美味しいけど健康に悪いというイメージ?!ピザはどんなところが健康に悪いの?!ピザの悪い所と良い所?!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピザ
大人も子どもも好きな料理だと思われるピザは世界的に人気で良く食べられています。

日本では、1日に10万枚の宅配ピザが注文されるといわれており、宅配ピザ以外のピザ専門店や冷凍ピザも多く存在するので、相当数のピザが消費されています。

また、ピザはあまりに人気すぎるので、パスワードがわからなくなった時に使用される秘密の質問の好きな食べ物をピザと答えるとセキュリティーがかなり緩くなるようです。

だから、秘密の質問でピザと入力するのは、やめておきましょう。

そんな、とてもおいしくて人気があるピザですが、毎日食べることはおすすめできません。

☆ピザを毎日食べない方が良い理由

○ピザはカロリーが非常に高い

ピザは非常にカロリーの高い食品として知られており、具材やメニューによって差はありますが、お店のMサイズを注文すると1500kcalもあったりします。

人によって食べる量に差はありますが、男性ならMサイズ一つすべて食べきれる人が多いので、ピザは太る原因になりますね。

ピザのカロリーが高い原因は、まず生地が炭水化物でチーズから油がたっぷり出ているためです。

また、焼いているので水分が蒸発して炭水化物と脂肪が凝縮されているところも重さに対してピザのカロリーが高い原因になります。

さらに、私たちは手で持って食べると食事の量が増えるとされており、ピザは手で持って食べるために食事の量が増えて食べすぎになってしまいます。

だから、ピザの食べ過ぎを予防するためには、ナイフとフォークを使って食べると良いかもしれませんね。

○ピザは野菜が少ない

ピザに野菜が含まれていないというわけではありませんが、ピザの野菜の量は少なく、全く野菜が乗っていないピザも存在しています。

トマトペーストを使用していることが多くありますが、トマトペーストだけでは野菜が不足してしまいます。

野菜には、ミネラルやビタミンなどが豊富に含まれており、野菜が不足すると疲労感や肌荒れ、便秘などの症状を起こすことがありますので、ピザを食べる時はサラダを一品加えることで野菜不足を補うことができます。

○ピザだけでは栄養が偏る

ピザだけの問題ではありませんが、同じ物ばかり食べていると栄養が偏ってしまいます。

ピザには色々な種類がありますが、どんなピザでもチーズと小麦粉はほぼ同じです。

そのため、種類を変えてもピザばかり食べると栄養バランスが崩れて健康を害してしまう可能性があります。

だから、栄養バランスを考えるとピザばかり食べることはおすすめできません。

たまにピザを食べるのはいいですが毎日のピザは控えるようにしましょう。また、食べる量も注意しておきましょう。

☆ピザの良いところは?

ピザは美味しいけど健康に悪いと思われていますが、ピザにも体に良いとこもあるのです。

だから、程よくピザを食べると体の調子を整えて健康になれるかもしれないのですよ。

○カルシウムが多く骨粗鬆症の予防になる

ピザの上にのっているチーズは脂肪分が多いですが、もとは牛乳から作られたものなので、カルシウムがたっぷり入っており、カルシウムの補給に役立ちます。

日本人は、カルシウムが不足しがちといわれており、魚や牛乳などから摂らないといけないといわれています。

チーズからもカルシウムは摂ることができますので、チーズも活用しましょう。

たっぷりのチーズが乗っているピザは健康に悪そうな気がしますが、カルシウムが多いので、骨粗鬆症の予防にはなります。

ただ、チーズには塩分も多いので、塩分の摂り過ぎにならないように注意しましょう。

○トマトが多く摂れる!

ピザには、トマトペーストが使われることが多く、トマトを多く摂ることができます。

トマトに含まれるリコピンには、抗酸化作用やダイエット効果、ガンの予防効果があるとされており、ピサはリコピンを摂ることができる食材になります。

また、リコピンはお肌にも良いので、女性にはお勧めの食品で、サプリメントなども販売されている成分になります。

そのほかにも、シーフードピザはなら、DHAやEPAなどの血液をサラサラにしてくれる効果やエビのキトサンによる抗酸化作用、鶏肉が使ってあればタンパク質の補充になります。

ピザはトッピングによっては、とても良い効果が得られることもあります。

ピザはカロリーが高いので食べ過ぎには注意する必要がありますが、たまにピザを食べて健康になりましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク