診察しても何の異常もないのに胃腸の調子が悪い人は機能性胃腸症(FD)かも?!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

機能性胃腸症(FD)
食あたりや便秘、下痢など胃腸は非常に問題が起きやすい臓器で、お腹の調子が悪くなることは誰でもあることではないでしょうか?

そんな、胃腸は病気にもなりやすく常に胃腸に不調を感じる場合は、胃炎や腸炎、胃潰瘍、潰瘍性大腸炎などの病気にかかっていることがあります。

そしてこれらの病気は内視鏡などで検査してもらえばわかります。

しかし、胃腸の調子が悪いなどの症状があるにも関わらず、内視鏡などの検査をしても全く異常が見られない人も多く存在します。

こういった胃腸の調子が悪いなどの症状はあるのに、病気が見つからない疾患を機能性胃腸症(機能性ディスペプシア)と呼び、現在多くの人が機能性胃腸症になっているといわれています。

胃腸の調子が悪いなどの症状があるけど、原因がわからないといわれた人は機能性胃腸症かもしれませんよ。

スポンサーリンク

○機能性胃腸症の症状はどんなものなのか?

機能性胃腸症は、胸やけ、胃痛、胃もたれ、膨満感、腹痛、下痢などの症状を起こすのが一般的ではありますが、人によって症状に違いがあり、お腹が空いたときや夜のみ胃の痛みを感じることもあります。

これらの症状がでて内視鏡で確認して炎症などの異常があれば他の病気として診断され、症状はあるものの炎症などが確認できない場合は機能性胃腸症になります。

軽度の物を含めれば、日本人の4人に1人が機能性胃腸症であるといわれており、患者数は非常に多く病院に受診してしない人も多いようです。

機能性胃腸炎は、患者にはあまり名前の知られていない病気であるため、慢性胃炎や胃下垂などの診断名でいわれることが多くあり、消化器内科を受診する人の半分が機能性胃腸炎だともいわれているのです。

○何が原因で機能性胃腸症になるのか?

機能性胃腸症は、脳が胃腸の刺激を敏感に感じ取ってしまうことによって起きる病気とされ、通常であれば感じないような軽度の刺激であっても胃腸の調子が悪いと感じてしまうようになります。

そして、胃の動きが悪くなり、下痢や胸やけなどの症状も起こすようになるとされています。

これらの症状がでてしまう原因とされているのが、ストレスで精神的なストレスや肉体的なストレスを受けることによって、神経が過敏に反応するようになり胃腸に負担がかかるとされています。

→ ストレス解消

ストレス解消されるだけである程度は改善し、プラシーボ効果によっても改善がみられるとされています。

プラシーボ効果とは、この薬には効果があると言って、薬を飲ませると薬を飲んだ時のような効果が表れる現象で、特に精神的な問題が大きい機能性胃腸症はプラシーボ効果の影響を受けやすいといわれています。

→ イメージして思い込む事で病気が治る?!プラシーボ効果で健康生活!

また、ピロリ菌を除去することによって、胃腸の安心感と胃酸の刺激が少なくため症状が改善するといわれており、胃潰瘍などの症状がなくてもピロリ菌を退治しておくと症状が緩和します。

○機能性胃腸症の治療は?

機能性胃腸症になった場合は、薬物療法を行い、症状を緩和するために胃腸の活動を抑えたりする薬を処方されます。

また、ストレスによる精神的な問題も原因にあるため、抗不安薬や抗うつ薬といった精神を安定させ、ストレスを減少させる治療法も同時に行われることがあります。

→ 生きていくうえで必要な?ストレスと仲良く付き合おう!!

さらに暴飲暴食や夜食、生活スタイルが機能性胃腸症の原因になると考えられているので生活習慣の改善を行い胃腸に負担をかけすぎないようにすることも大切です。

機能性胃腸症は、日常生活に影響を与えることはありますが、胃腸に炎症などの症状がでていないため命にかかわるような症状ではありません。

機能性胃腸症は、薬や生活習慣の改善などで、症状の緩和が見込める病気です。

胃腸に不快感があり不安な場合は、病院を一度受診して胃腸の環境を見てもらいましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク