足がつるのはなぜ?もしかしたら危険な病気が原因かもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

turu
足がつるって誰でも経験したことがあるのではないでしょうか?

足のふくらはがつる事を「こむら返り」とも言うのです。知っていますよね。

こむら返りを起こすのは誰にもあることですが、もしかしたら体の危険を知らせてくれているのかもしれないのです。

頻繁に足がつる場合は病院にいったほうがいいかもしれません。

足がつるのは特に疲れている時に多く、足がつる原因と言われているのはミネラルバランスが崩れたことによる痙攣です。

足がつったときの症状は、自分の意思とは関係なく、筋肉が収縮したり、痙攣をおこしたりすることです。

足がつって痺れを感じることもあります。

足がつると筋肉が収縮したことにより、足が固くなり動かしにくくなります。

経験がある人ならわかるとおもいます。もし足がつったことがなくても知っておくと今後足がつった時にいいかもしれません。

足がつる時ってどんな時?

急にいつもやらない運動をした時に足がつることが多いようです。

その理由は準備運動が十分でなかったためや普段使っていない筋肉を使ったためだと考えられます。

なれない運動の時はより入念に準備運動をし行い、足がつるのを予防しましょう。

足がつりやすいのはスポーツなどをした時です。

特にサッカーやテニス、バスケットなどのスポーツが足がつりやすいようです。

スポーツをすると足がつる原因は足を激しく動かすことによって、足に乳酸がたまり、筋肉に異常興奮がおこるためだと言われています。

足がつる人ってどんな人?

よくあげられるがミネラル不足の人です。

ミネラルを補給しないことによって、ミネラルバランスが崩れて足がつることがあります。

運動前には、特にミネラルの入った飲みものを飲んでおくと足などがつる予防ができるんですね。

足がつる人は運動前の準備運動を怠っていることが多いんです。

運動前の準備運動は大切です。

人間は急に体を動かすと筋肉が異常に興奮してしまってつってしまうことがあります。

運動前には、準備運動をしっかりしましょう。

それ以外に足がつるのは、筋力不足や血行不良かもしれませんよ。

寝ているときや運動中でもないのに足がつることがありませんか?

筋力不足や血行不良によって体が冷えてしましい、筋肉の伸縮がうまく行かなくなったときに起きます。

睡眠中など体がより冷えやすいときにおこるようです。

血行をよくするために生姜湯でも飲んで寝てみてはいかかでしょうか。

頻繁に足がつる人は要注意?何か病気が潜んでいるかも。

先ほどまでに上げた以外で病気が原因で足がつったり、こむら返りを起こしてしまったりする人がいるようです。

頻繁に足がつったりする人は、もしかしたら恐ろしい病気かもしれません。

スポンサーリンク

☆足がつる可能性のある恐ろしい病気

糖尿病

のどが良く乾いたり、手足が痺れたりしていませんか?

もしかしたら、糖尿病が原因で足がつっているのかもしれません。

糖尿病は生活習慣病です。

生活習慣を見直しましょう。

→ サイレント・キラー糖尿病!気づいたときには遅いかも?糖尿病の基礎知識
脊柱管狭窄症、閉塞性動脈硬化症

足がつり始めた時期から歩行障害が一緒にでてきた。

その場合は脊柱管狭窄症、閉塞性動脈硬化症かもしれません。

脊柱管狭窄症とは体の中心をとおっている脊柱管が狭くなることによって脊髄などが圧迫されて歩行障害などがおきる病気です。

閉塞性動脈硬化症とは大きな欠陥が詰まるなどして、血が通わなくなる病気です。

脳梗塞

片方の手足のしびれ、や言葉のもつれがおこる場合は脳梗塞が原因かもしれません。

脳の血管が詰まり、体のしびれや足がつってしまうことがあるようです。

脳梗塞の前触れとして体がつってしまう人がいるようです。

→ 血液サラサラで脳卒中予防‼ 脳卒中をペットで予防出来る?

腎疾患

むくんでしまう。足がむくんでしまうだけでなく体全体がむくみ、足がつってしまう場合は腎疾患かもしれません。

腎臓の機能低下により体に余分な水分が体外に排出されずに体にのこってしまうためにむくんでしまうことがあるようです。

これらの病気が原因で足がつってしまう場合もあるんです。

頻繁に足がつったり、これらの症状がある場合はすぐに病院に行くようにしましょう。

足がつった時はどうすればいいのでしょうか?

足がつったとは筋肉が収縮しまっている状態です。

つってしまった筋肉をゆっくりのばすようにしましょう。

ちかくに人がいる場合は手伝ってもらうことで効率よく伸ばすことができます。

このときゆっくり延ばしましょう。どんな方法で筋肉を伸ばす場合もゆっくりすることが一番大事です。

ゆっくり筋肉を伸ばさないと肉離れを起こしてしまい逆に大変になってしまいます。

はやく直そうと焦ってしまってはダメです。

筋肉の興奮が治まったら、つった部分を温めてみたり、マッサージしてあげましょう。

この時強くマッサージするのは控えましょう。

つったときはゆっくり冷静に対処することが重要です。

足がつらない為に普段から気を付けておくことは?

普段から疲れをためないようにしましょう。

また、水分やミネラルを取ってつりにくいからだにしましょう。

お風呂に使って血行をよくしておきましょう。

足のつった時のあの痛みを少しでも少なくする為に、普段から気を付けて楽しい生活を送りましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク