薄毛や抜け毛が気になりませんか?男性型脱毛症(AGA)は病気の部類に入り治る病気なのですよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

男性型脱毛症(AGA)
年齢と共に抜け毛や薄毛などの症状が出てきて困っている男性が多くいるのではないでしょうか?

頭頂部が薄くなったり、オデコの生え際がM字状に薄くなったりする脱毛症を男性型脱毛症またはAGAといいます。

AGAは、男性ホルモンの影響により頭頂部や生え際が薄くなると病気で男性ホルモン量などによって個人差があり、薄くなりやすい人となりにくい人がいます。

また、薄毛には遺伝的な要因も強いですが、環境要因も深く関係しており薄毛になりやすいからといって絶対に薄毛になるわけではなく、治療によって治る病気になっています。

○AGAとはどのような薄毛なのか?

AGAは男性によく起きる薄毛で、オデコの生え際がM字に薄くなったり、頭頂部が薄くなったりする脱毛症になります。

発症のほとんどは男性ですが、まれに女性でも同様な症状に悩まされることがあります。

しかし、女性の場合はそれほど深刻になることはなく、生活改善で治ることも多いです。

AGAは男性ホルモンの影響で起きる脱毛症ですが、男性ホルモンには種類が多くジヒドロテストステロン、テストステロン、デヒドロエピアンドロステロンなどがあり、ジヒドロテストステロンがもっともAGAに関係があるホルモンとされています。

発症は40代以降が多いのですが、20代でも薄毛になることはあり、放っておくと少しずつ進行していきますので、20代でも髪が薄くなったと感じたら、生活の改善や病院などの診察してもらった方が良いでしょう。

薄毛はいつだれが起きてもおかしくないとおもっておくと良いかもしれません。

○薄毛と遺伝の関係

薄毛は遺伝すると良く言われることがありますが、薄毛の原因であるといわれるジヒドロテストステロンは母親から遺伝される物なので父親が薄毛だからといって子どもが薄毛になりやすい体質になるか実際のところわかりません。

ジヒドロテストステロン以外の男性ホルモンで薄くなることもありますので、一概に母親の遺伝だけで薄毛になるとは言い切れませんが、薄毛に関係が強いのは母親で祖父が薄毛体質であれば、自分も薄毛になりやすいと体質である可能性が高くなります。

また、母型の祖母も薄毛の遺伝に関係がありますが、女性は薄毛症状がでにくいので判断が難しく遺伝子検査をしてみてないと薄毛になりやすい遺伝をもっているかわかりません。

母親の父親が薄毛であるかで、薄毛になりやすいかある程度判断できますが、絶対ではありませんし、心配過ぎるとストレスがたまり、ストレスが薄毛の原因になることもあります。

自分が薄毛になるかはいろいろな遺伝が関係するので、実際に年をとってからでないとわかりません。

○父親と同じように薄毛になってしまう理由

薄毛の遺伝は基本的に母親の方の遺伝が強くでてしまいますが、多少は父親の遺伝も関係しているかもしれません。

母親との遺伝が強いはずなのに、父親と同じような年齢で同じような感じに薄毛になるという人が時々います。

これは、環境的に要因によるものと考えら、子どもは父親と似たような環境で日々過ごすので、同じような経過をたどってしまうことが良くあります。

薄毛は遺伝的な要因も強いのですが、環境要因も大きく関係しており薄毛になりやすくて生活環境が良ければ、薄毛にならないことがあります。

父親と一緒に過ごすということは父親のように薄毛になりやすい環境に過ごしているということなので、薄毛になりやすくなるのはある意味では仕方のないことかもしれませんね。

薄毛にならないような環境にするためには、頭皮に栄養が回るようにバランスの良い食事や運動して血流を良くするなどが効果的です。

薄毛の環境要因は運動不足により、頭皮の血流が悪くなったためや食事の栄養バランスが崩れて動脈硬化や血圧の上昇、髪に必要な栄養が足りなくなったなどのいろいろな原因によるものです。

生活の環境が悪い人ほど薄毛に悩まされやすい傾向にあります。

○それでも薄毛になったら

薄毛が始まってしまえば、進行を阻止することはできても元に戻すことは難しいので、AGAを診察してくれる病院に行きましょう。

生活環境を改善しながら、医師に薬をもらうことで、AGAが改善した例は多くあります。

AGAになってしまった時は医師に相談しましょう。放っておいても進行してどんどん深刻な問題になっていくだけです。

今では、薄毛は治る病気になっていますよ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク