関節がなる理由って何なの?関節の鳴らしすぎにはご注意しよう‼

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

kansetu
関節を曲げるとポッキと鳴らせますよね。中にはならせない。ならしたくない人もいるとおもいます。

良く関節を鳴らす人がいますが健康に害はないのでしょか?

私も良く指を鳴らしてしまうことがあるためもしかして害をあるのでしょうか。気になりますので調べてみることにしました。

関節はどうして鳴らすことができるのでしょうか?

そもそも指の関節がなる理由はあまりわかっておらず諸説ありますがここではその中で代表的なもの3つを紹介していこうとおもいます。

1.指がなる理由は骨液とよばれる関節の動きを滑らかにする液体の圧力が低下して気泡のような空洞の空間が形成された結果音がなるという説

2.関節ないにあった空気が素早くはじけることによって音がなるという説

3.最近出た説でありこれで確定するかもしれないという説が発見された。
それは関節内の圧力が低下することによってガスの気泡が生じて、下がった圧力を戻そうとして、骨液が一瞬して、隙間に流れこんだ結果、関節がなるという説です

もしかしたら、これらのうちどれかかもしれないし、もしたら違うかもしれません。

最後の説は近年発表された最新テクノロジーを駆使したものらしいのでもしかたら、最後の説で統一されるかもしれません。

関節がなる理由がはやく解明されて関節ならした結果どうなるか知りたいところです。

関節は鳴らしてはいけないらしい。

関節を鳴らすことよって、関節に負荷がかかると言われています。

関節に負荷がかかった結果周りの骨にも負荷がかかり骨を傷つけしまいます。

骨が傷つくと骨を修復しようとしますが、修復中に何度もならすことによって、骨が変形し、太くなってしまうといわれています。

骨が太くならないために関節を鳴らすのは控えるようにしましょう。

また、それでも長年続けていると関節がおかしくなって手が握れなくなってしまう可能性があるかもしれないのでやめるようにしましょう。

わたしも時々鳴らしてしまうので、指の関節を鳴らすのを控えて行こうとおもいます。

首をポキポキ鳴らすのは特にやめましょう。

手や足にくらべて首は大切な神経がとおっており重要な器官です。

首の神経を傷つけてしまう可能性がありますのでやめましょう。

首や腰の神経が傷ついてしまった結果、呼吸の乱れや手足のしびれなどがおこってしまいかねません。

首や腰をポキポキ鳴らすのはすぐにやめるべきでしょう。

わたしも良く首をポキポキならしていましたが、友人に注意されたためすぐにやめました。

これらの話しは医学的にわかっていない部分も多く、憶測になっている部分もありますが、注意することにこしたことはありません。

できれは今日にでもやめべき、気持ちいいのは気分だけで体の健康には良くありません。

関節を鳴らすことによってスッキリすると言った人がいいますが、医学的な根拠がなく脳が勝手に気分がスッキリしたと思っている可能性が高いようです。

関節を鳴らすのは危険である可能性の方が高そうなので、できる限りやめるようにしましょう。

現代のテクノロジーを使ってはやく医学的根拠がみつかるとありがたいかぎりです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク