牛乳でお腹を壊すのは乳糖が悪い!?牛乳でお腹を壊す方は小魚でカルシウムを摂りましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

牛乳
私は祖母から、牛乳を飲みすぎるとお腹を壊すと何度も言われたことがありますが、これまで牛乳でお腹を壊したことがありません。

私のように牛乳を多く飲んでもお腹を全く壊さない人もいれば、コップ一杯の牛乳を飲んだだけでお腹を壊してしまう人も中にはいます。

牛乳でお腹を壊すのは、牛乳の飲み過ぎによってお腹が冷えてしまう場合もありますが、牛乳でお腹を冷やすからでも、牛乳に菌がいっぱいいるからでもなく、一部の人にとって分解できない栄養素が牛乳の中に含まれている場合が多いのです。

一部の人に分解できない牛乳の成分は、乳糖(ラクトース)で、乳糖を分解できない人は乳糖不耐症と呼ばれます。

遺伝的な要因であり、病気ではないので仕方がありません。

○乳糖でなぜお腹を壊すのか?

私たちは糖分を吸収するときに、単糖類にしないと吸収できませんが、多くの食材に含まれる糖分は単糖類が結合した2糖類や多糖類やさらに結合した炭水化物になっています。

これらを分解しないと吸収できないのですが、乳糖は2糖類に分類され、乳糖を分解するためにはラクターゼと言われている酵素が必要になってきます。

このラクターゼの強さは個人によって違いがあるため、ラクターゼの活性が弱いと乳糖を分解できなくなり乳糖がお腹に残りお腹を壊すことになります。

ラクターゼの強さは個人差があり、牛乳を分解するには量が足りない場合や全くない場合があります。

ラクターゼが足りない場合であれば、少量ずつでお腹を壊したり、多く飲むとお腹を壊したりしますが全くないと少量でもお腹を壊すことになります。

ラクターゼの力は遺伝的なものなので、牛乳を飲めない場合は諦めるしかありません。

○ガラクトース血症と乳糖不耐症

乳糖不耐症以外に牛乳がダメなガラクトース血症と呼ばれる症状があります。ガラクトース血症はガラクトースを体内で代謝することができないため、血中のガラクトースが必要以上に高まってしまう病気になります。

乳糖は2糖類で加水分解をするとガラクトースとグルコースの二つに分解され、ガラクトースが発生するため人体に影響が出るものです。

ガラクトース血症の場合はガラクトースがダメなので、乳糖を取らなくてもガラクトースをとっても問題になります。

体内で消費ができないで分解できず、お腹を壊す以上に深刻な問題と言えます。

ガラクトース血症も遺伝的な要因であり、日本人にはガラクトース血症になる遺伝子をもっている人がほとんどいないため、発症する可能性は非常に低いです。

○ヨーグルトは食べられる可能性があります。

乳糖不耐症の人は、乳製品がダメなわけではなく、乳糖がダメなだけです。

つまり、乳糖以外の成分は何ら問題がないという状態なのです。

ヨーグルトは中の糖分で乳酸菌が増えているため、乳糖の量が少ないため、乳糖不耐症の人でも食べられる可能性があります。

特に乳糖不耐症といってもラクターゼの活性化低くて問題がある人は食べられる可能性が上がります。

また、ラクターゼの薬を飲んだりして外部からラクターゼを補充して乳糖を分解できるようにすれば、牛乳を飲むことも可能です。

牛乳がダメでも、ヨーグルトは行けるかもしれませんよ。

○牛乳アレルギーなら乳製品はすべてダメです

乳糖不耐症なら乳製品でも食べられるものがありますが、乳瀬品にアレルギーがある場合は乳製品のすべてがダメなので、チーズや牛乳、ヨーグルトなどすべて乳製品を食べることができません。

乳製品がすべてダメならアレルギーです。牛乳のみダメなら乳糖不耐症の可能性が高いと考えられます。

乳糖不耐症の場合は乳製品でカルシウムなどの必須ミネラルがとることができますが、乳製品にアレルギーがある場合は小魚などを食べてしっかりカルシウムを取るようにしましょう。

牛乳が飲めないという人は乳糖不耐症を疑ってみてはどうでしょうか?

乳糖不耐症は治せませんが、理解すればある程度対処することができますよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク