健康に良いポリフェノールには色々な種類がある?!ポリフェノールはワイン・お茶・コーヒー・野菜などいろいろなモノに含まれている!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ポリフェノール
赤ワインの中に含まれている健康成分と言われて思い浮かぶのはポリフェノールではないでしょうか?

ポリフェノールという言葉を聞いたことがある人は非常に多くいると思いますが、ポロフェノールが何なのか知らない人は非常に多いのではないでしょうか?

ポリフェノールは、赤ワインに含まれていることで有名なのですが、ポリフェノールは赤ワインだけに含まれている成分ではなくいろいろな製品に広く含まれています。

ポリフェノールは、世界に5000種類以上あると言われており、赤ワインに含まれているポリフェノールはほんの一部でしかないのです。

大抵の人が気づかない間に毎日ポリフェノールはとっています。

スポンサーリンク

☆ポリフェノールとは何なのか?

ポリフェノールは体に良いと聞きますが、それが何なのか知らない人が多いと思います。

ポリフォエノールのポリは「複数の」という意味でフェノール類と呼ばれる物質が複数あつまってできているため、ポリフェノールと言います。

ポリフェノールは植物の色素や苦み成分になります。

このポリフェノールですが、一部の植物に含まれている物ではなくて、植物ならほとんどの物に入っており、サラダの中にもポリフェノールが含まれています。

そのため、ポリフェノール自体は、野菜などの植物食品を食べていれば摂取できるものです。

フルーツや野菜にポリフェノールが含まれているのはあたり前といっていいのです。

☆ポロフェノールは体にいいのか?

ポリフェノールは植物の中では細胞の生成や活性化、植物を守るなどの働きをしています。

そんな、ポリフェノールが体に入ると抗酸化作用や殺菌作用、高血圧予防、消化を助けたりする作用がありポリフェノールは体に良い事がわかっています。

日本人が良く摂るポリフェノールはクロロゲン酸やカテキン、タンニンだと考えられます。

クロロゲン酸はコーヒーに多く含まれ、カテキンやタンニンはお茶に含まれるポリフェノールになります。

ポリフェノールは数が多いので、すべて把握しきれておらず、意外にもそこらへんにある草のポリフェノールがとても健康にいいかもしれません。しかし、危険がありますので食べないでください。

☆日本人が良くとるポリフェノールの効果

○コーヒーのポリフェノール

コーヒーに含まれているポリフェノールはクロロゲン酸で日本人が最も取っているポリフェノールともいわれています。

コーヒーといえば、クロロゲン酸よりもカフェインの方が注目されていますが、内容量はカフェインよりもクロロゲン酸の方が多いことがわかっています。

このクロロゲン酸はほかのポリフェノールと同じように抗酸化作用が期待できると言われていますが、どのぐらい効果があるかはわかっていません。

クロロゲン酸で最も注目すべき効果は血糖値の上昇を抑える効果でコーヒーを飲む人ほど、糖尿病になりにくいと言われています。

しかし、コーヒーには苦みがあるので砂糖やミルクなどの甘いものをいれてしまう人が多くいます。

そのため、血糖値を下げる効果があったとしてもそれ以上に糖分を摂ってしまうことがあります。糖尿病を予防するためには少々苦くても我慢して飲んだ方がいいでしょう。

また、苦みはクロロゲン酸からもきている物なので、苦みが少ないものは糖尿病予防の効果が薄いと考えられます。

○お茶に含まれるポリフェノール

コーヒーよりもお茶を飲むという人はお茶に含まれるカテキンやタンニンといったポリフェノールを摂ることが多いでしょう。

カテキンやタンニンで注目すべき点は強い殺菌作用で、胃腸の菌を殺して、体の調子を良くしてくれる働きがあります。

また、カテキンにはコレステロールを予防してくれる効果や高血圧を予防する効果などがあります。

私たちは飲み物などから意外にポリフェノールを摂っているのです。

そのほかにも、大豆に含まれるイソフラボンやブドウ・ナスなどに含まれるアントシアニン、ゴマに含まれているセサミンなどもポリフェノールの一種になります。

ポリフェノールを摂取するためには植物由来ものを食べるのが大切になります。

ポリフェノールが多い少ないは気にせずにしっかりと野菜やフルーツを食べることでポリフェノールを摂ることができます。

だから、健康のためにポリフェノールを摂取したいのであれば、野菜をしっかりと食べることが大切なのですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク