ガムで健康になれる?!どんなガムが健康にいいの?選ぶガムを間違えると不健康になるかも?!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ガム
ガムは、お菓子の一つとして知られていますが、選ぶものによっては健康に良いとも言われています。

だから、健康のためにガムを選んでみてはいかが?

☆ガムをきちんと選びましょう

○ガムの甘さ

ガムと言えば、お菓子の印象が強く現在販売されているガムの多くは砂糖が入っています。

砂糖入りのガムは甘くておいしいですが、健康面を考えるとあまりおすすめしません。

ガムの効果が期待できるのは噛み続けることによるものです。

甘いガムはお菓子になりますので、甘さが無くなると新しいものに変えたり、飲み込んだりすることがあります。

何度もガムを変えると糖分の過剰摂取になることもありますので、甘さで選ばない方がいいでしょう。

ちなみに飲みん込んだガムは消化されずに便と一緒に排出されるため、人体に害はほとんどありませんが、喉を詰める可能性があるので紙に包んで捨てましょう。

また、人工甘味料を多く使っている物も控えたほうがいいでしょう。

人口甘味料は砂糖の代わりに使用されてカロリーを抑えるために使用されたりしますが、体の影響に対して不明確な部分が多く存在しており、カロリーがないのに、糖尿病の原因になるとも言われています。

人口甘味料が絶対に悪いというわけではありませんが、砂糖も人工甘味料も含まれていないものが一番おすすめでミント系などが体に良いでしょう。

○キシリトール配合ガム

ガムと言えば、キシリトール配合ガムではないでしょうか?

このキシリトールは甘味料の一つでスクロース(砂糖の主成分)と同じぐらいの甘みを持ちながらカロリーが4分の1になります。

キシリトールが配合されている物は、虫歯を予防してくれる効果があるとされており、キシリトール配合ガムは歯の健康を保つ働きがあります。

しかし、間違ってはいけないのが虫歯を予防する効果があるだけで、虫歯を治す効果がある訳ではないということです。

そのため、すでにできた虫歯はどんなにキシリトールガムを噛んでも治す効果はありません。

ちなみに、ガムを噛むと唾液が分泌されて歯の再石灰化が進み歯を修復してくれますが、これはキシリトールが配合していないガムでも同じことが起きるので、キシリトールの効果ではなくガムの効果になります。

また、キシリトール配合ガムは下痢を起こす可能性があるため、キシリトールが配合されている物を過剰に摂取するのは良くありません。

ガムは1個20分以上噛み続けることを推奨し、味が無くなってもすぐに変えるのはやめましょう。

さらにコンビニやスーパーで販売しているキシリトール配合のガムはキシリトールの比率が低いので、あまり効果がないと言われており、スーパーなどでわざわざキシリトール入りを選ぶ必要はあまりないです。

キシリトール入りを選ぶ場合は歯科専売の物が良いとされており、歯のことを気にするなら歯医者やネットなどできちんとしたものを購入した方がいいです。

☆ガムのメリット・デメリット

○顎回り

ガムは顎の筋肉を鍛えてくれますが、片側のみで噛むと片方のあごのみ発達し顔のバランスが悪くなる危険性があります。

そのため、両方のあごを使うようにすると良く、均等に使うことで顔のたるみを取って小顔効果があると言われています。

ガムを噛むと顎が鍛えられて顎関節症を予防するとも言われていますが、あまり過度にガムを噛み続けると顎関節症の原因にもなるとされており、ガムが体にいいからと言って、1日中噛み続けるのはやめておいた方がいいでしょう。

○精神的な効果

ガムを噛むことは精神的に良いとされており、ガムを噛むと集中力が増して力を発揮しやすくなります。

ガムを噛むと脳に刺激が与えられるので、眠気を予防してくれますが、日本ではガムを噛んでいる人は不真面目という印象が強くあり時と場合を考えた方がいいでしょう。

また、ガムはセロトニンの分泌量を増やす働きあるので、うつ病に効果があるとされており、気分が落ち込んでいる時に噛むと精神的に落ち着くこともあります。

しかし、人工甘味料などがうつ病になりやすくするとも言われておりガム選びには注意が必要です。

ガムは、成分をしっかり見て選ぶようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク