ジェネリック医薬品とは何なのか?!ジェネリック医薬品を活用するとお得?!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジェネリック医薬品
ジェネリック医薬品という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

ジェネリック医薬品とは後発医薬品とも言われており、元々あった薬とおなじ主成分で作られた薬になります。

またジェネリック医薬品に対して、先に開発されていた薬を先発医薬品といいます。

多くの人が気にしていないかもしれませんが、ジェネリック医薬品には良いところが多くあります。

ジェネリック医薬品に変えてみてはどうでしょうか?

スポンサーリンク

☆ジェネリック医薬品とは何なのか?

先発医薬品の後に開発されたジェネリック医薬品ですが、欧米などでは6割以上がジェネリック医薬品ですが、日本では3割程度とジェネリック医薬品の数が少ないことがわかっています。

そのため、日本ではジェネリック医薬品の普及が叫ばれています。

○先発医薬品の特許

先発医薬品が特許申請しており、特許が有効な期間はジェネリック医薬品を作ることができません。

医薬品の特許は20年間あり、この間は最初に開発を成功した会社のみ、その医薬品を作り販売することができます。

そのため、開発されてから年数が短ければ、ジェネリック医薬品はありませんので、選ぶことができません。

ジェネリック医薬品は、薬として20年間以上使われていた実績があるもののコピー品になります。

○ジェネリック医薬品は安い

先に開発された医薬品は安全性の確認や副作用、効能などを調べるために数十億円から数百億円もの開発費をかけており、そのため開発費にかけたお金の分だけ、医薬品の値段は高くなってしまいます。

対して、ジェネリック医薬品はすでに先発医薬品が副作用や安全性などの実験を行っているため、多くの実験を省略することができて、開発費を安くすることができ、先発医薬品に比べて安い値段で提供ができるようになります。

○ジェネリック医薬品は先発医薬品から学ぶ

ジェネリック医薬品は先発医薬品よりも価格が安いこともよいことですが、ジェネリック医薬品は先発医薬品の悪い所を学んでおり、形状などに変化が起きています。

先発医薬品では飲みにくいや歯につく、苦いなどの評判があることがあり、ジェネリック医薬品は後発医薬品であるためそれらの問題点を改良して販売することができます。

そのため、ジェネリック医薬品は先発医薬品に比べて飲みやすかったりします。

ジェネリック医薬品は先発医薬品のただの劣化版でないことを知っておきましょう。

☆ジェネリック医薬品の問題点

○特許の種類

ジェネリック医薬品と先発医薬品の主成分の違いはありません。

これはジェネリック医薬品が先発医薬品を元に作っているからになりますが、そのほかの成分に違いが出ると言われています。

医薬品の特許は成分だけではなく、薬の添加物や薬の形(コーティング)、薬の効果、効能などいろいろなものがあります。

成分の特許が切れていたとしても、そのほかの特許が切れていない場合は、全く同じ薬を作ることはできせん。

また、すべての特許が切れていても、詳細な部分がわからない場合は独自で開発するしかありません。

このような、違いからジェネリック医薬品と先発医薬品は全く同じではなく、いろいろな種類があります。

○効果の違い

ジェネリック医薬品の主成分は同じですが、他の成分に違いがあります。そのため、体の中に入った時に起きる反応には若干の差があるとされています。

結果、効果が効き始めるまでにかかる時間や持続時間、効果の強さ、副作用などにも影響がでてくることになります。

開発費が安いのは、それだけ実験などを行っていないともいえるのです。

☆ジェネリック医薬品と先発医薬品はどっちがいいの?

ジェネリック医薬品と先発医薬品には多少の差があることは言われていますが、そんなにひどい差ではありません。

ジェネリック医薬品には色々な利点があり、私はジェネリック医薬品には賛成です。

ジェネリック医薬品よりも先発医薬品の方が信頼性が高いことは確かなので、どちらを選ぶかはその人の判断によります。

もし、少しでも安くしたい場合は主成分が同じのジェネリック医薬品にしてはどうでしょうか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク