お菓子を食べるから太る?!もしかしたらお菓子を食べる以前の問題かもしれませんよ。健康のためにお菓子を辞める?!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お菓子
3時のおやつという言葉を時々耳にしますが、3時のおやつが必要なのなのは子どもだけ!!

大人はお菓子を食べる必要なく1日3食で十分だと言われています。

また、大人はお菓子を食べる以前の問題があると言われており、お菓子を止めるのはあたり前で食事の量を考えたほうがいいかもしれませんよ。

○栄養素の必要量とお菓子のカロリー

子どもが、おやつを食べるのは食事からとれる量では栄養素が足りないためであり、胃腸などの働きが弱いためです。

対して、大人は胃腸などの働きはしっかりしており、食事から栄養素は十分とることができるため、お菓子を食べる必要性はないと言われています。

お菓子は糖分や脂肪分などを多く含んでおり、人間が甘くておいしいと思うように作られています。

そのため、とてもカロリーが高く、お菓子の代表のショートケーキは300kcalもあります。

私たちが1日に必要な栄養は1800kcal程度なので、ショートケーキだけで一日に必要な栄養素の6分の1にもなるのです。

つまり、ショートケーキを食べるなら、その日の食事を6分の1減らさないとカロリーの取りすぎになるということですね。

1日の食事量を少なくしたり、ちょっとずつ体重が落ちていたりする場合であれば、お菓子を食べても良いですが、それ以外は食べないほうがいいのですよ。

○消費カロリーと摂取カロリー

消費カロリーより、摂取カロリーが低くなると人間は痩せていきます。逆に消費カロリーより摂取カロリーが高くなれば体重が増えていきます。

現在の大人たちを見ていればわかると思いますが、かなりの人が消費カロリーより摂取カロリーのほうが高いので、肥満になる傾向にあります。

これは一食の食事量が多すぎることが原因であると言われており、多くの人は食べ過ぎているということですね。

毎日消費カロリーより、摂取カロリーがおおければ太ってしまうのはあたり前です。

若いころであれば、新陳代謝が高いので、太らないこともありますが歳を取ると代謝が落ちるので、太っていきます。

人間の体は摂取カロリーが足りなければ、節約モードになることができますが、摂取カロリー多いからと言って消費を急激に上げることはありません。

食事は、少し少ないくらいがちょうど良いと言われているのです。

○お菓子を食べる以前の問題である。

お菓子を食べると太るから良くないのは、多くの人が知っていることかもしれませんが、お菓子を食べる以前の問題であることが非常に多いと言われています。

お菓子を食べなければ、体重が増えないのであればお菓子が太る原因と言えるでしょう。

しかし、お菓子を食べなくても消費カロリーよりも摂取カロリーが多い人がいます。

お菓子を食べなくても、太るような生活している人がお菓子を食べるのは論外なのです。

もはや、お菓子を止めようという問題ではなく、食事を減らさないといけない人が非常に多く、お菓子を止めるのはあたり前です。

○子どもとお菓子の関係

お菓子で太るのは大人だけ考えている人もいるかもしれませんが、子どもでも問題になっています。

離乳食をたべ始めた子どもに、10時のおやつや3時のおやつを与える人がいますが、これ自体は問題ありません。

お菓子は食事の栄養が足りていない子どもに与えるものであり、お腹がすいている子ども与えるものではないことを理解していない人が非常に多いと言われています。

お菓子は別腹でおいしいので、子どもが食べ過ぎるのはあたり前で、満足するまで食べさせるのは子どもが太る原因です。

最近では小児のメタボが問題になっており、メタボの子どもにおやつを与えるのはあまりよくない。

メタボになる原因は、食事の与えすぎやおやつの与えすぎです。

食事のバランスが取れているのなら、お菓子はいらないと考えてよく小学生では痩せ型でなければおやつは与えなくてもよいでしょう。

お菓子もあくまでも、栄養補給の一環ととらえ、栄養がたりない場合に食べるようにして、栄養を摂り摂りすぎた場合はしっかり消費しましょう。

〇それでもお菓子が食べたければ、食事を減らして運動をしよう!

お菓子を食べることで、幸福になれる人も多いと思います。

そんな幸福の元であるお菓子を辞めることができない人は、健康のために摂取カロリーのことを考えて食事制限をしましょう。

そして、消費カロリーのことを考えて運動することも大切です。

ある程度の運動をして消費カロリーを上げることで、お菓子を食べても大丈夫だということですね。

大人はお菓子は必要ではありませんが、どうしてもお菓子を食べたければ、摂取カロリーと消費カロリーを考えて、食事制限や運動をしなければいけませんよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク