気づかない間に忍び寄る魔の手、癌‼ 注意することでリスクを減らすことができます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

02601
癌は日本人の死因の一位です。

癌は悪性新生物、悪性腫瘍という別名もあります。

癌は、日本人の3人に1人から2人に1人が罹ると言われている国民病です。

あなたも癌になる可能性が十分にあります。

現在日本では癌の患者が増加傾向にあります。

原因としては長生きするようになった、食生活の変化などがあげられます。

癌にならないために生活を改善しませんか?

癌細胞は遺伝子の変異によって誕生します。

人間の体に一日5000個の癌細胞ができると言われています。

こんなに癌細胞ができていても、皆が癌になるわけではない理由は、毎日、免疫細胞ががん細胞を退治してくれているからなのです。

5000個のうち一つでも退治できないと私たちは癌になってしまうのです。

人間の細胞は毎日、少しずつ死んで亡くなった分を細胞分裂によって補充しています。

すべての細胞が正しく分裂できればいいですが、細胞が傷つくなどによって時々細胞分裂をミスしてしまうことがあります。

基本的にミスした細胞はすぐに死んでしまいますが、中には無限に細胞分裂をする細胞ができてしまうことがあります。

この無限に細胞を分裂してしまう細胞こそが癌細胞です。

癌は誰でも発生してしまうものですが、とくに癌を発生させやすくさせている人がいます。

癌細胞を発生しやすくするものの代表といえばタバコです。

タバコを吸うことで発生する可能性が上がる癌として有名なのが、肺がんです。

そのほかにも、口腔がんや、胃がん、食道がん、肝臓がんなど様々な癌と、喫煙に因果関係があるといわれています。

タバコを吸うことで絶対に癌になると言いませんが、タバコを吸うことで癌になるリスクが高まります。

これらの癌にならないためにもタバコを吸っている人はタバコをやめませんか?

タバコに続いて癌の原因になると言われているのが、お酒です。

お酒を飲むことに肝臓を酷使します。これにより肝臓が傷つき、肝臓がんになってしまう可能性があります。

さらに飲酒および喫煙の両方の習慣がある人は、より癌になりやすいと言われています。

また、メタボリックシンドロームが原因で癌になるとも言われています。

タバコや酒なども癌を増やしますが、メタボリックシンドロームでも癌になりやすいということなのです。

メタボリックシンドロームになる原因は主に食生活です。

現在日本ではメタボリックシンドロームの人が増えています。食生活に気をつけましょう。

癌にならないようにするためにはどうしたら良いのでしょうか?

まずはタバコを吸わないことです。

先ほども説明した通りタバコは癌の原因です。自分がタバコを吸っていなくても周りの人がタバコを吸っている場合はタバコの煙から逃げた方が良いでしょう。

受動喫煙も癌の原因になる可能性があります。タバコを吸っている人は妊婦や子どもの前でタバコを吸わないようにしましょう。

お酒はほどほどにしましょう。過度の飲酒は体に害があります。ほどほどに飲むようにしましょう。

また、塩分の取り過ぎには注意しましょう。癌は生活習慣病です。生活習慣が悪いと癌になります。

塩分の摂り過ぎには十分注意しましょう。

野菜や果物、海藻類などを食べましょう。

抗がん作用がある食べ物はこれらの食品のなかに多いため、野菜などをしっかりとることによって癌を予防することができます。

運動をすることが大切です。

癌の原因にはメタボリックシンドロームがあると先ほども言いましたが、運動することによってメタボリックシンドロームを予防することができて結果的に癌予防につながります。

食べ過ぎにも気をつけましょう。食べ過ぎもメタボリックシンドロームの原因です。

これらに注意することによって、あなたが癌になる可能性は減ります。

しかし、癌細胞は健康な人でも一日5000個できると言われているため「不運」でなる可能性があると言われています。

癌は初期に見つけることで、死亡リスクを大幅に軽減します。何かおかしいなと思った時は、すぐに病院にいきましょう。

また、定期的にがん検診を受けることも重要です。

健康で楽しい生活を送るためにも癌にならない、癌になってもすぐに見つけるようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク