アトピー性皮膚炎に打ち勝つには健康な体作りが大切!?アトピーに打ち勝つ知識と体を手に入れよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アトピー性皮膚炎
アトピー性皮膚炎という病気を、一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

このアトピー性皮膚炎のアトピーは、場所が定まっていないという意味になります。

だから、アトピー性皮膚炎が発生する場所は、人によってさまざまで関節部分に多いと言われています。

○アトピーとアレルギーの違い?

アトピーとは、アレルギーの一部になりますので、アトピー性皮膚炎もアレルギー症状の一つになります。

そのため、アトピーもアレルギーを専門にしている病院に受診する良いと言われています。

また、アレルギー性鼻炎や気管支喘息、結膜炎などと同時になる場合も多くあり、家族にこれらの症状がある場合は、アトピー性皮膚炎になりやすいと言われています。

アトピー性皮膚炎は、ほかのアレルギーとも関わりがあることがわかっています。

○アトピー性皮膚炎の症状

アトピー性皮膚炎の症状は、その名前の通りに皮膚に炎症が起きてしまう症状になります。

症状は2つに分類することができ、湿潤型と乾燥型になります。

学童期までが肌が乾燥しない湿潤型が多く、思春期からは肌が乾燥する乾燥型が多くなります。

症状はいろいろあり赤い発疹が出たり、乾燥して粉をふいたりすることなどがありますが、どちらともつらい痒み症状が出ることは変わりません。

また、小さい時は耳の下の部分が耳切れなどの症状を起こすことがあります。

アトピー性皮膚炎はかくことによって、症状が重くなってしまうため、痒くてもかいてはいけません。

かくことによって、症状が悪化して、表面がジュクジュクして組織液が出たり、炎症が酷くなりさらに強い痒みがでるなどの悪循環をおこすこともあります。

悪循環を断ち切るためには我慢してかかないことが重要で、最初はかなり痒いですが、傷が治るほど痒みが治まります。

○アトピー性皮膚炎の原因

アトピー性皮膚炎はアレルギー症状になります。

そのため、近くにアレルギー物質が存在しており、それが肌に触れたり体の中に入ることによって皮膚炎が起きています。

アトピー性皮膚炎は大きく二つに分類ができ、体に取り入れたものが原因の起きる内因アトピーと外の環境が原因で起きる外因性アトピーに分類できます。

内因性も外因性も原因として最もあげられるのがハウスダストです。

ハウスダストに含まれているダニなどの微生物が体内に入ったり、体に触れたりすることでアレルギー反応が起きていると言われています。

そのほかの物で起きている可能性もありますが、部屋が汚いとアトピー症状が悪化することがあります。

しかし、ハウスダストなどの体に害があるものは、掃除である程度改善することはできるかもしれませんが、完全に除去をすることは難しいでしょう。

そのため、アトピー性皮膚炎で大切になるのは、アレルギーに打ち勝つ体作りになります。

○アトピー性皮膚炎に打ち勝つ体作り

アトピー性皮膚炎に打ち勝つのに大切なのは健康な体作りです。

心身ともに健康であるほどアトピー性皮膚炎の症状が軽減すると言われています。

つまり、体を鍛えて、健康な状態になればアトピーの症状は弱くなるわけです。

アトピーの人は、汗をかくと痒くなるからという理由であまり運動をしない人が多いと言われています。

汗はかゆみを誘発させるものですが、運動しないことも痒みを強くしていると言われています。汗をかいた時は痒いですが、運動すると徐々にかゆみが改善すると言われており、ある程度の運動は大切です。

あまりにひどい場合は、難しいですが症状が軽い場合は、痒いのを少し我慢して運動をして、体を健康にするとアトピーが治る可能性があります。

運動不足でアトピーになりやすい体になっているかもしれませんよ。

食生活も大切で太りすぎても痩せすげても体に良くありません。

朝昼晩と健康的な食事をこころがけるようにしましょう。

健康的な体作りがアトピーを改善させてくれるかもしれません。

病院はアレルギー科などのアレルギー専門の病院に行くことをおすすめします。

体を健康にしてアトピーを改善しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク