肌の健康を守れ!肌を乾燥から守り潤いのある肌を手に入れるための方法を学んでみてはいかが?!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

肌
キレイな肌を目指す上では、保湿して肌の潤いを保つことが大切になります。

キレイな肌を作り上げるにはどのように保湿すればいいのでしょうか?

肌の仕組みを理解してキレイで潤いのある肌を目指してみてはいかがでしょう。

○肌の潤いとは?

肌の潤いとは角質そうに水分がきちんと有るか、無いかよって決まっています。

角質層に水分がなくなってくるとお肌が乾燥して、潤いが無くなり、乾燥した感じの肌になってしまいます。

また、年を取るほど肌の潤いがなくなるのは、赤ちゃんでは80%が水分でしたが、老人では50%が水分となるので、細胞内の水分量が少なくっているためと言われています。

また細胞の劣化も肌の潤いがなくなる原因になります。

お肌を守るためには、角質の潤いを保ちながら、角質の水分を外に出さないことが大切になります。

○肌と化粧水

肌の潤いを保つために化粧水を使用する方が多いと思います。

化粧水を使用することで肌に水分が浸透して潤いが出ると思っている人が多くいますが、肌は外から水分が浸透してこないように作られており、化粧水を使ってもほとんど水分は吸収されません。

逆に化粧水を使用することによって、化粧水の水分と同時に肌の中の水分も蒸発し、肌が荒れることもあるのです。

そのため、化粧水をつけすぎると乾燥することもあります。

しかし、化粧水を使用してはいけないということではなく、化粧水にも良い効果があるので、適度に化粧水を使用することが大切になります。

化粧水を使用する場合は、全体に伸びるぐらいの化粧水をつけて、乾燥させないように保湿クリームなどを塗って肌の乾燥を防ぐようにしましょう。

○肌と脂

潤いを保つためには肌から水分を蒸発させないことが大切になります。

肌には、水分を保ち蒸発させない仕組みがあり、肌の上に皮脂膜が形成されることによって、肌の水分蒸発を防いでくれるのです。

皮脂と言われるとあまり良いイメージをもっていない人も多いかもしれませんが、皮脂は、皮膚の表面を覆うことによって外気に肌が触れるのを防ぎ、肌の水分が蒸発しないようにしてくれています。

そのため、皮脂がなくなると、肌の水分がより蒸発されるようになり、肌の乾燥が進みます。

この皮脂量は女性より男性の方が多く、男性の皮脂の量は年をとっても十分ありますが、女性は年をとると皮脂の量が、かなり少なくなります。

潤い肌には皮脂は重要であり、皮脂のことを考えて肌の手入れをしなくてはいけません。

皮脂を洗い流さないようにすることも、肌の潤いを保つためには大切なのです。

○洗顔回数と乾燥

肌を清潔に保ち、キレイな肌にしてくれると言われている洗顔ですが、洗う回数が大切です。

洗顔の回数が多いと、肌の乾燥の原因になると言われています。

一日、朝と晩に洗顔を行っていたり、朝に何度も洗顔を行ってしまう人がいますが、洗顔のしすぎは、肌にとって良くないことになります。

私たちの肌は、皮脂によって水分が蒸発しないように守られています。

つまり、何度も洗顔をして皮脂を洗い流せば、無防備な肌になり、水分がどんどん蒸発していくことになります。

洗顔は1日1回で十分だと言われており、なでるように洗うようにしましょう。

また、人肌程度のお湯で、水洗いすれば汚れは落ちると言われています。

皮膚は結構デリケート部分ですので扱いかたに気を付けましょう。

○肌をキレイするには内部から!

肌と言えば、化粧水や保湿クリームなどの外部からキレイにしようとすることが多いですが、肌をキレイにするためには、外部ではなく内部から肌をキレイにしたほうがよいと言われています。

まず、食事はバランスの良いものをたべて、ビタミンCやβカロテンの多い野菜などをしっかりとることで、肌の生成を助けてくれます。

また、アミノ酸が含まれているものをしっかり食べることで、体内で良質なコラーゲンが生成させて、潤いのある肌を作ることに繋がりますので、必須アミノ酸がしっかり入った食品を食べるようにしましょう。

しっかり水分をとることで、肌の水分量を増やして、潤いが増すと言われているので、水分もしっかりとりましょう。

さらに、運動も大切で、運動をすることによって、新陳代謝を上昇させ、キレイな肌を保つことができるとされて日々軽い運動をしている人のほうが肌にキレイになります。

健康的で潤いのあるキレイな肌を目指しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク