アロエは胃腸の調子整え、火傷の治療効果や美容効果もある!?しかし危険性もあるので注意!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アロエ
アロエは食品として食べられたり、薬として使われたりするなど、いろいろな場面で使うことができる植物です。

アロエは約300種程度ありますが、1種を除いてワシントン条約において輸入制限がかけられています。

一般に食用として栽培されたりしているのは、ワシントン条約の対象外となっているアロエベラか、ワシントン条約の対象ですが日本の風土にあったキダチアロエになります。

スポンサーリンク

○アロエの効果

・胃腸の調子を整えます

アロエには腸の調子を整える作用があります。

アロエにはアロインと呼ばれる物質が含まれており、これらの物質が腸内の水分量を増やし、腸の粘膜を刺激し蠕動運動が活発になるため便秘が解消されると言われています。

また、アロインとアロエモジンと呼ばれる物質は胃液の分泌を促し、胃の動きを活発にして消化を助けてくれます。

このように、アロエは消化器の動きを助けてくれることがわかっています。

・火傷・傷の治療

アロエには火傷と傷を早く治してくれる効果あると言われています。

アロエの皮をむいて、ジェル状になっているところを火傷の部分につけておくと火傷や傷が早く治ると言われています。

このように、怪我に対してもアロエは有効であり、アロエを家においてあるの家もあります。

・美肌効果

アロエには美肌効果もあります。

アロエを肌に塗ることによって、肌の色をキレイしてシミやそばかすを予防してくれるとされており、化粧品などに使われることもあります。

アロエは天然成分であるため、人気もあります。

・多数の栄養成分

アロエは過酷な環境を生き抜くために多くの栄養成分を蓄えていると言われ、栄養成分の数は約200種類もあると言われています。

ビタミンやミネラル分含まれており、多くの成分が協力しあい健康にしてくれると言われています。

アロエには健康成分がたっぷりなのです。

○アロエの問題点

アロエには健康成分がたっぷり含まれていますが、問題点もあることを知っておいた方が良いでしょう。

・胃の炎症・腸の色素沈着

アロエは胃の活動を活発する働きがありますが、体質によっては胃炎を起こして胃の調子が良くなるどころか胃の調子が悪くなることがあります。

アロエを食べて胃の調子が悪くなった人はアロエを食べるのを控えたほうが良いでしょう。

アロエは天然成分で副作用はないとおもわれがちですが、体調が悪くなる人がいます。

またアロエを長期的に食べ続けると腸に色素が沈着することもあり、長期的に多量に摂取するのは望ましくありません。

・火傷

火傷といえばアロエを塗る人がいるとおもいますが、アロエを火傷に塗ると菌が侵入してより炎症をおこすことがあります。

また、アロエよって、火傷部分がただれてよりひどくなる場合もあり、むやみにアロエを塗ると逆効果の可能性もあります。

また、アロエをつけて病院に行くと、アロエが傷口についているので診察の邪魔になります。

病院に行くほどの火傷の場合はアロエをつけておくのはよくないとされています。

アロエは火傷に対する効果はあると言われていますが、デメリットもあるので塗らないほうが良いかもしれません。

・アロエアレルギー

アロエにアレルギー反応が出る人もいます。

最近では多くのアロエ製品が店頭に並び、アロエが入った化粧品などが販売されていますが、アロエの入った化粧品を顔に塗って顔が腫れあがることもあります。

すべての人がなるわけではありませんが、顔に塗る前に手に塗って痒みや腫れなどの症状が出ないことを確認して使ったほうが良いです。

また、火傷にアロエを塗ってひどくなる場合は、菌が原因ではなくアロエに対するアレルギー反応の可能性もあります。

アロエの長期間多量摂取や妊娠中の摂取、腸に病気がある時はアロエの摂取を控えたほうが良いと言われています。

アロエは健康の的な効果が多くあり、使いやすそうに見えますが、問題点も多く存在し使い方を誤ったりすると健康被害が出ることもありますので、アロエの使い方には十分注意しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク