大腸がんの症状を知り大腸がんを早期発見しましょう!大腸がんにはコーヒーが効く?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大腸ガン
大腸がんは肺がん、胃がんと合わせて3大がんと呼ばれており、がんの中で死者数が3位になります。

女性の死者数は1位であり、男性は3位ですが、男女比で言うと男性5に女性4で男性の方が多いです。

理由は男性が女性に比べてがんになりやすく、全体的ながんの患者数が多いためで、男性は全体的にがんに気を付けたほうがいいでしょう。

どのがんにも言えることですが、早期発見が大切で、おかしいと感じたら病院に行くようにしましょう。

大腸がんは、男女どちらとも気をつけなくてはいけないがんになります。

スポンサーリンク

○大腸がんの種類

大腸がんは直腸がん、結腸がん、盲腸がんの3つの総称になります。

・直腸がん

直腸がんは肛門直前の直腸に起こるがんであり、直腸の長さは20cm程度になります。

直腸がんは肛門に近いこともあり、痔核(いぼ痔)と勘違いすることもあります、いぼ痔だと思って病院にいって、直腸がんであったという場合もあります。

いぼ痔で病院に行くと恥ずかしいようなきがしますが、大腸がんであった場合は、発見の遅れで死ぬこともありますので、恥ずかしからずに病院に行くようにしましょう。

あの時いっておけばでは遅いこともあります。

・結腸がん

結腸がんは大腸がんの中でもっとも多いがんになります。

結腸がんが多い理由は結腸が大腸の大部分をしめているためです。

結腸の長さは1m程度で、がんの原因などは直腸がんとさほど変わりはないと言われています。

結腸は長いのでさらに細かく分けることができ、盲腸に近い方から上行結腸がん、横行結腸がん、下行結腸がん、s状結腸がんなどにわけられ肛門に近いほど、下血や下痢が多くなり、盲腸に近いほど、貧血などの症状を起こします。

・盲腸がん

大腸がんの中でもっともまれながんであり、小腸から大腸に入ってすぐの場所が盲腸がんなり、盲腸は、直腸から遠いので症状が出にくく発見が遅れやすいと言われています。

盲腸がんは肛門から離れているため、盲腸がんで出血すると黒色便(タール便)になると言われ、通常の血便とはことなり、便が黒くなります。

上行結腸も肛門から離れているため、黒色便になることがあります。

○大腸がんの症状

大腸がんの症状としては便通の異常が一番多く、便に血液が混ざることがあります。

肛門から近いほど色が鮮血色になりやすく、遠いほど便の色が黒く染まります。

便の色が黒いのは血が混じっており、胃や小腸に異常がある場合があります。

必ずしもがんというわけではなく、胃潰瘍や鼻血を飲み込みすぎてなることもあります。

がんでなくても、黒色便は良くないことなので一度病院にいって検査してもらったほうがいいでしょう。

盲腸や上行結腸、横行結腸などの肛門から遠いがんは貧血やがんの発生部位にしこりを感じることがあります。

大腸の調子がおかしい時に手で大腸の上をなぞり、しこりを感じる時は、すぐに病院に言ったほうがいいでしょう。

下行結腸やs状結腸、直腸がんは便秘や下痢の症状が強く出ると言われています。

大腸がん全体として、腹痛や腸の閉塞感、疲労感、体重の減少などが見られます。

○大腸がんのリスクを上げるもの

・遺伝

大腸がんは比較的遺伝の可能性が高いがんと言われています。

正確な確率はわかりませんが、兄弟や父、母など家族が大腸がんになっている場合は自分もガンにかかりやすい可能性が高いと考えていいでしょう。

家族にがんの人がいる場合は自分もガンになる可能性があるおもってガンの予防や検診を受けるようにすることをおすすめします。

・飲酒・喫煙

飲酒と喫煙は大抵のがんと関係があり、大腸がんとも関係があると言われています。

飲酒をすることによって、大腸がんのリスクが上昇し、喫煙も大腸がんと関係があり特に直腸がんの関係があると言われています。

がんの可能性が高まるお酒や喫煙はあまりおすすめしません。

・食生活

大腸は消化器官であり、食事とも関係があります。

大腸がんのリスクを高めるものは、牛肉や豚肉、加工肉(ハム、ソーセージ)などで鶏肉や魚がおすすめされています。

逆に大腸がんのリスクをさげるのは、コーヒーで、大腸がんにかかった人が1日4杯のコーヒーを飲むと大腸がんの再発や死亡率が下がったという研究結果あります。

コーヒー好きは大腸がんになりにくいかもしれません。

ちなみに、ハーブーティーやカフェイン抜きコーヒーでは効果は見られなかったので、ブラックコーヒーがおすすめです。

コーヒーを飲めば、大腸がんに絶対にならないというわけではありません。

○腸の調子がおかしと感じたら

腸の調子がおかしいと感じたらまず腸の上をさわり、しこりがないか確認してください。

また、便の色や便の細さなどをしらべていつもとおかしいところがあればすぐに病院に言ってください。

大腸のことが気になったら、消化器内科または内科で見てもらいましょう。

大腸がんは誰でもなる病気です。日々の腸の調子を気に掛け早期発見が大切になります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク