輪ゴムと歩き方で外反母趾が治る?!痛くなる前に外反母趾を学んで外反母趾を阻止してみてはいかが?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

外反母趾
外反母趾は足の親指が内側にまがっていく病気になります。

親指が内側にまがっていくことによって、親指の付け根の関節が出っ張り足の奇形を起こします。また、奇形を起こした間接部分に痛みが出ていろいろな問題が生じます。

どうして外反母趾になってしまうのでしょうか?

スポンサーリンク

○外反母趾になる原因

・靴が悪い

外反母趾になる原因の一つに靴があっていないことが言われています。

外反母趾は親指が外側から圧力がかかることによって親指の形が変化してなる場合はあります。

足の先が狭いと感じるものは買わないようにしましょう。

また、靴底もきちんと脚を支えてくれるものを選び、脚のアーチが崩れないものを選ぶ必要性があります。

さらに、靴のサイズが合っておらず、靴がすぐに脱げるようなものは外反母趾の原因です。外反母趾にならないためには靴は自分に合ったものを選ばなくてはいけません。

・歩き方が問題

外反母趾は歩き方に問題あります。

外反母趾は浮き指の人が多く、足の裏を地面につけた時に、指が地面につかない人が多いと言われています。

指が浮いた状態で歩くと、脚により負担がかかると言われており、脚の裏が早く痛くなったり、外反母趾の進行を早めたりすると言われています。

また、靴のサイズや形状が足と合っていても足の指が浮いていると外反母趾になると言われ指の使い方に問題があると言われています。

こういった指が浮いた状態で歩く人の特徴的な歩き方と言われているのが、ペタペタ歩きになります。

ペタペタ歩きは足の全体が地面に最初からつく歩き方になります。

本来の人間の歩き方はかかとが先につき、続いて足の全体がついた後指先で地面をけって歩きます。

地面をけるつま先は、力が必要ようでしっかり地面につけることができないといけませんが、外反母趾の人はつま先が浮いているので、他の部分を使って足を上げることになり、脚が疲れやすく、指の筋肉が発達していないため外圧に弱く圧力がかかるとすぐに曲がります。

歩き方を確認するとつま先があまり使われていないことが確認できるのでないでしょうか?

一度歩き方を確認してみましょう。

○外反母趾を阻止する方法

外反母趾を保護または矯正してくれるものが販売されていますが、歩き方や靴などの原因となるものが改善されなければ、外反母趾は一向に改善することはありません。

そのため、歩き方を改善するところから始めましょう。

・歩きましょう

外反母趾を治すためには歩くことが重要です。

外反母趾の原因は歩き方が悪いことによる指の筋力の衰えなので、指先の筋肉をつけるために歩くことが大切です。

足の指の筋力が衰えているので、今まで以上によく歩いて指の筋力をつける必要性があります。

まずは、歩き方を習得しましょう。

歩き方はかかとから足をつき、全体的につけた後に指先を使って地面をけります。

簡単なことですが、意外とできていないので、体が覚えるまで何度でも繰り返しましょう。

靴と履くといないですし、慣れていないので、家で何度か練習してから外で歩くようにしましょう。

また、サポーターをして、より足の改善をはかることもおすすめします。

・輪ゴム・紐で外反母趾矯正

外反母趾で歩くのがつらいという人は歩かずにまずは、輪ゴムや紐を使って外反母趾を矯正しましょう。

外反母趾の原因は外側からの圧力になりますので、逆に内側から押し出すことによって改善されるかもしれません。

テレビを見ながら外反母子治す体操をしましょう。

一つの輪ゴムで両方の親指をひとつにまとめてください。

その状態で親指どうしを遠ざけようとするとゴムに引っ張られて親指が正常の位置に戻ろうとします。

毎日テレビを見ながら10分くらい続けておくと指が徐々に正常な位置に戻ります。

注意点としては、ゴムが細いと切れてしまうので、太いゴムでやりましょう。

また、ゴムがない場合は紐でも代用可能ですので紐でやりましょう。

〇外反母趾が重症の場合は?

外反母趾が重症の場合は、家庭で治せる可能性が低くなります。

外反母趾は早い段階で気づき、早期に対処をすることによって、食い止めることや治すことができます。

重症になると簡単には正常の位置に戻ってくれないため、歩き方や靴を変えても難しいでしょう。

もし重症である場合は病院に受診することを勧めます。

専門医は整形外科なので、整形外科に行くことを勧めまし、特に外反母趾外来などの名前を掲げているところの方がおすすめです。

外反母趾かなと思ったら早めに改善するようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク