薬には副作用がある!?薬に対する知識を身につけて正しいく薬飲もう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

薬の副作用
薬は病気や疾患の治療や予防のために使用するものです。

そんな、体の健康ために使われる薬ですが、薬には副作用と呼ばれるものがあり、病気を予防するどころか期待している効果とは違う別の症状があらわれることがあります。

薬は体のために飲むものですが、副作用があることを理解しましょう。

○薬の副作用は簡単に起きるものではありません。

薬を飲んだり、ワクチンを接種したときに起きる副作用ですが、副作用はそんなに頻発して起きるものではありません。

また、起きたとしてもほとんどの物は軽度であり、気にするほどの物でなかったりします。

副作用を知っておくことも大切ですが、あまり恐れすぎるのも良くありません。

私たちに処方されている薬は、動物実験などを経てきちんと検査されたのち、治験を用いて人間でも検査されています。

これらの検査で重大な副作用や頻発する副作用が見つかった場合は、薬には認可されずに改善などが求められます。

私たち元まで届いた薬はほぼ、副作用を起こす可能性が少ない薬と言っていいのでしょう。

用法用量を守って薬を飲みましょう。

○薬の安全性を考えて天然薬を飲むという考え方

処方される薬はきちんと検査されているものではありますが、絶対に副作用を起こさないというわけではありません。

かなり稀ではありますが、重い副作用がある時もあります。

これらの副作用を気にして、薬は天然の薬や漢方薬が良いという人がいますが、漢方薬も薬であるため、副作用があることを理解しておかなければなりません。

私たちはよく天然という言葉を聞くと安全で安心という印象をもってしまいますが、天然の物でも毒物になることはあります。

例えばトリカブトですが、毒物として有名なトリカブトは漢方薬として使われることがあります。

用法用量、使い方を考えて使われているため死ぬことはありませんが、トリカブトが毒物であることは変わりません。

漢方薬に使用されている薬たちは使用法や用法などを変えると人を死亡されることもできる毒物になることもあります。

このように天然ものだからと言って安心できるわけではなく、漢方薬にアレルギー症状を示すこともあります。

天然の薬としてアロエを使う人がいますが、アロエでアレルギー反応がでて逆に肌が荒れたという人もいます。

漢方薬の方が副作用がでにくいかもしれませんが、漢方薬が絶対安全ではないということを理解しておきましょう。

○薬の副作用は相互関係?

薬は副作用があまり出ないように工夫されて作られています。

しかし、同じ副作用がある薬を同時に飲んだりすることで副作用が体に現れることがあります。

風邪薬の中には、便秘を副作用にもつ薬があります。また、貧血の薬にも便秘を副作用に持つものがあります。一つでは問題なくても同時に飲んで便秘になる可能性はあります。

便秘になるので、便秘薬も飲むことになります。

このように薬には相互関係があり、通常なら副作用を起こさないものでも複数の薬を飲んで副作用を起こすことがあり、多くの薬を飲むことによっていろいろな副作用がでることがあります。

薬には相互関係があり、市販薬などを自分で好き勝手に飲むのはとても危険な行為です。

複数の薬を飲む場合は市販の薬は控え薬剤師に相談しましょう。

また、ちょっとした症状で多くの病院に渡り、多くの薬を処方してもらった結果、副作用が起きている可能性もあります。

多くの薬を飲んでいる場合は薬が原因で薬を飲んでいないか確かめたほうがいいでしょう。

○薬を飲みすぎているか確かめる

市販薬を複数、飲むのはよくありませんが、医者に処方してもらった薬だからと言って安心はできません。薬が重なっていないか確認しましょう。

・薬剤師に相談しましょう

自分の薬をみて不審な点がある。5つ以上の複数の薬をいろいろな病院からもらっているなどの人は薬局に出向いてみてください。

薬局は薬のプロであり、医師以上に薬について詳しいので、薬の相談は薬剤師に相談です。

また、かかりつけ薬局を決めて起き、薬は同じ薬局からもらうことにすれば、薬の飲みすぎなどを防止できます。

薬についての知識を身に着けて、正しい薬を飲みましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク